ぼくと相方のカメラ日記

カメラを愛してやまない、ぼくと相方さんのほのぼの日記です。いまは遠距離だけど、いつか一緒に住める日を目指して。

美しい渚

相方さんが「少し早めのバレンタイン」と、

この前のデートでチョコレートをプレゼントしてくれました。

 

ぼくのことを考えながら選んでくれたみたい。

本当に嬉しい。

 

 

 

子供から大人になるにつれて

仕事だの、忙しいだのと、いろいろな理由をつけて

クリスマスや七夕といったイベントごとには疎くなってしまうけれど、

 

こうやって恋人がいることで、

春夏秋冬、季節の移ろいを感じながら、

なんでもない毎日を楽しむことができています。

 

 

 

f:id:pingpong86:20170206004237j:plain

 

 

 

先日の「探偵ナイトスクープ」で、24歳・女性からの依頼がありました。

 

これまで男性とお付き合いをしたことがなく、

幾度となく告白をするも、うまくいかないと。

そこで探偵さんと手をつなぎ、恋愛を疑似体験することで、

さらなる勇気を出していきたいという内容でした。

 

放送では、

手をつなぐことにフィーチャーしながら、デートの様子が流れましたが、

依頼者のキュートな笑顔と、初々しさにキュンキュンしました。

 

それを見て、相方さんとの出会った頃を思い出したのです。

 

(そう、このブログでは、出会った頃のことを、まだあえて書いていません)

 

 

 

相方さんと、

初めて会ったときのこと

初めて笑顔を見たこと

初めて声を聞いたときのこと

初めてその声でぼくの名前を呼んでくれたこと

初めてごはんに行ったこと

初めて二人でカメラ撮影に出かけたこと

初めて相方さんの車の助手席に座ったこと

初めて一緒に飛行機に乗ったこと

初めて手をつないだこと

初めてキスをしたこと

初めて同じ布団で眠ったこと...

 

これまでたくさんの初めてを経験してきました。

そしてこれから、たくさんの初めてを乗り越えていくでしょう。

 

それら、一つひとつを忘れたくない

当たり前と思いたくない

 

 

 

これからも、相方さんへの「ありがとう」の気持ちを忘れずに、

一緒に歩んでいきたいと思います。

 

 

 

 


にほんブログ村


人気ブログランキングへ