ぼくと相方のカメラ日記

カメラを愛してやまない、相方さんとのほのぼの日記です。夢が叶って二人の暮らしが始まりました。

2019GW in 北海道③

【3日目】摩周湖~釧路

 

昨晩の川湯温泉の硫黄のにおいをまといながら出発です。

まずは清里町の「神の子池」に向かいます!

 

f:id:pingpong86:20190524002622j:plain

 

 

ここは、摩周湖の地下水が湧き出ている池で、コバルトブルーに透き通った水面が神秘的で幻想的な場所です。

水の温度が一年中8℃を保っているおかげで、水中にある倒木が腐ることなく化石のように沈んでいます。 

 

f:id:pingpong86:20190524002620j:plain

 

写真で見るより実際はもっと鮮やかで、いつまでも見ていたい美しさでした。

 

f:id:pingpong86:20190524004645j:plain

 

この日も、少し前までの雨予報をくつがえし快晴。

水面に映る反射がきれいです。

 

神の子池は静かな山の奥にあるのですが、

静かな中に小さな滝の音が響きなんともいえない爽やかな清涼感がありました。

 

そうそう、今朝は何も食べてなかったので、

北海道といえば、というセイコーマートで腹ごしらえです。

 

f:id:pingpong86:20190524001802j:plain

 

お次は硫黄山

アイヌ語アトサヌプリ(裸の山)と呼ばれています。

見渡す限り広がる山々に、噴煙がもくもくとあがっています。

 

f:id:pingpong86:20190524004820j:plain

 

硫黄の影響で、地面も赤、オレンジ、黄色に変色しています。

グラデーションみたいで綺麗。

 

f:id:pingpong86:20190524002006j:plain

 

近くに寄ってみます!

音をたててあがる高温ガスと、湧き出る温水。

硫黄の熱気でむんむんとします。

足元にたくさんある噴気孔から煙がたっており、目の前が真っ白になる場所も!

 

f:id:pingpong86:20190524004822j:plain

 

本州では、ここまで接近することができないとのことで、この迫力はさすが北海道!

地球の鼓動というか、大自然を感じることができました。

 

そして温泉卵もゲット!

めっちゃ熱かったですが美味しかった。

箱根の大涌谷を思い出すな~

f:id:pingpong86:20190524004817j:plain

しばらくレンタカーを走らせること20分、

摩周湖が見渡せる「摩周第一展望台」に到着しました。

 

f:id:pingpong86:20190524001906j:plain


霧の摩周湖」と呼ばれるくらい、霧深いことが多い摩周湖ですが、

この日はその姿がくっきりと見えました!

 

摩周ブルーというわれる所以がわかった気がしました。

 

f:id:pingpong86:20190524004049j:plain

 

 

近くのレストハウスにて軽食をいただきます♪

有名な摩周いもだんごに半熟たまごカレーパン、じゃがぽてフォンデュにどらかぼちゃ。

どれもできたてアツアツで、もー絶品でした!

 

f:id:pingpong86:20190524001811j:plain

 

 せっかくなので第三展望台へも足をのばします。

 

 

f:id:pingpong86:20190524013108j:plain

 

写真では伝わらないくらい、とにかくめっちゃ良い眺望

 

f:id:pingpong86:20190524002534j:plain


f:id:pingpong86:20190524002530j:plain

北海道の観光バスでは、第三展望台に寄ることは少ないみたいなので、こちらにも寄って大正解でした!

 

このときの時刻は13:30

実は、この日の翌日が朝から雨の予報でした。。

ってことで、予定を繰り上げて明日行くつもりだった釧路方面へ向かいます。

 

牛がいたよ~

 

f:id:pingpong86:20190524003240j:plain

 

車を走らせること一時間半

コッタロ湿原展望台に着きました~

しかし、なにやら様子がおかしい...

 

f:id:pingpong86:20190524004137j:plain

 

そこに広がるのは、茶色の世界

思ってたんとちがーう!

 

f:id:pingpong86:20190524002051j:plain

 

思い描いていた緑あふれる季節には、ちょっと早かったようです。

それでも広大で壮大な湿原のスケールには触れることができました!

 

川下りのカヌーを楽しんでいる人たちもいました。

僕たちも考えたんですが、ゴールデンウイークてことで、予約がいっぱいやったんです。

 

f:id:pingpong86:20190524002056j:plain

 

これでも諦めきれない僕は、

同じく釧路湿原の展望を楽しむことができる達古武オートキャンプ場へ(念のため)

 

しかし、ほとんど人もいなく、

しかも5月からオープンということで、トイレも使えないという始末!

 

そして、美しい夕日で有名な細岡展望台にも向かいます。

といっても、すでに雲がもくもくと広がっており、良い写真は期待できなさそう。

 

f:id:pingpong86:20190524004749j:plain

 

う~ん

 

f:id:pingpong86:20190524004751j:plain
 

さっ気を取り直して、本日のホテルのある釧路市内へとレッツゴー!

 

釧路は、こう港町独特の、こう少し寂しくなるような物悲しくなるような、そんな感じを町並みから感じました。

 

幣舞橋からの釧路川

道路をはさんで向かい側にも銅像が!

 

f:id:pingpong86:20190524002134j:plain

 

モニュメントの前を通過すると、

いきなり美川憲一が歌い始めてビックリした!笑

 

f:id:pingpong86:20190524004720j:plain

 

お待ちかねの夜ご飯♪

釧路のソウルフード「スパカツ」を老舗の泉屋さんでいただきました。

僕はスパカツ、相方はハンバーグセットを。

 

鉄板からジュージューパチパチ音を立てながら、アツアツのスパカツが運ばれました!

 

f:id:pingpong86:20190524002138j:plain

 

ん~濃厚なデミソースがスパゲティと絡んで美味しい!

下のほうはおこげになってます。

いつまでもアツアツで美味しくペロッといただきました!

 

f:id:pingpong86:20190524002136j:plain

 

17時半くらいにお店に着いても少し待ったんですが、

僕たちがお店を出るころには30人くらいの大行列!

人気の高さがうかがえました。

 

せっかくなので釧路駅周辺も散策。

ツーリングで旅してる風のお兄さんに撮ってもらいました!

 

f:id:pingpong86:20190524004114j:plain

 

f:id:pingpong86:20190524004715j:plain

 

そうそう、この日は平成最後の日やったんですよね。

 

令和になる瞬間は、相方は寝ちゃっていましたが、

相方の寝顔を見ながら、僕はカウントダウン!

 

新しい時代も、よろしくね!

 

3日目に続きます!

 



にほんブログ村


人気ブログランキングへ